所有物件に対する対策

今すぐ始められる簡単な建物対策

1、エントランスや共用部分の清掃・管理…居住者に長く住んでもらう為にも、内覧に来た人にとっても有効な対策です。
  皆がよく目にする場所を定期的にきれいにして飾り付けを行うだけでもきちんと管理している印象ができます。
2、空室時に少しずつ改善する…トイレ・洗面台・お風呂が一緒になった3点式ユニットバスや、備え付けの古い電磁調理器など最近では人気のない設備がある場合は、空室の間に少しずづ変えていきましょう。
  契約した時に水まわり設備を入れ替えするという条件をつけるもの効果が高い対策です。
3、共用部分の充実…近隣にコンビニや店舗が少ない場合は自動販売機をエントランスに設置する、郵便受け周辺にゴミ箱を設置して管理する、宅配ボックスの設置など、共用の設備が充実も効果があります。
  分譲マンションなどにある人気の共用設備を参考に取り入れると他の物件から差別化を図ることができます。

費用かけて建物対策をすると効果絶大

1、セキュリティー対策の徹底…オートロックや防犯に特化した鍵の使用、カメラ付きインターフォンや賃貸用ホームセキュリティーの利用などできる対策は数知れずですが、治安の良さにも繋がりますのでできる限り多く取り入れたいものです。
2、外装の改修…特に内覧に来た人には印象の良し悪しを大きく左右します。エレベーターがなかったり、古臭いのも安全上の不安から不人気の原因となりますので、そのあたりも視野に入れてご検討ください。
3、デザインリノベーション…大掛かりに部屋を改装したいという方は、プロのデザイナーに企画してもらったデザインリノベーションがオススメです。内装や収納面で人気の設備を取り入れることができます。
  デザインは一度してもらうと電気設備とちがって壊れることはなく修繕する必要がないので、コストパフォーマンスにも優れている上に、視覚的にも大きな効果が得られます。