入居条件に対する対策

簡単にできる入居条件の工夫

1、成約時に贈呈品をつける…人間はちょっとしたお得に弱いものです。少し高額な電化製品やクオカードなど何種類かから選べるプレゼントをつけるのも一つの方法です。
2、フリーレントの導入や初期費用の減額・無償化…引越の際は大きな費用がかかりますので、入居者にとって少しでも安く引っ越しができる条件はかなり有効です。
  家賃を下げて月額の利益を減らすより、長い目で見ると大きな利益を生むことにもつながります。
3、インターネットフリー…単者には特に人気のある条件です。平均して月額の固定費が数千円減るので、家賃を下げるのに近い効果がありますし、一度導入してしまえば管理も楽ですのでおすすめです。
  最近では賃貸の検索条件としてもよく使われていますので、選択肢に入る率も上げる効果もあります。

効果あり!検討するべき条件変更

1、入居者の緩和…例えば、老人や外国人、ペット所有者、楽器演奏希望者など多くの賃貸物件では断られることが多い入居者を受け入れることは効果的です。
  ただし受け入れる条件によってそれぞれ起こりうるトラブル、例えば防犯対策、防音対策、物件への傷みや汚れに対する予防策など費用のかかる対策が必要な場合もあります。
2、現在の入居者に関するケア…条件を変更する際には、現在の居住者にも条件を緩和する旨の告知や家賃の調整などを行い、不満が生まれないようにします。
  また、契約更新の何ヶ月か前にアンケートを行い、引越しの意志や理由などを聞いてできることを改善することも効果的な対策の一つです。
3、家具付き物件にする…リフォームは大変ですが、これなら比較的簡単に導入・交換できます。
  入居ターゲット層の好みに合わせて選びましょう。専門の業者に依頼してコーディネートしてもらうと付加価値がつきます。