アパート経営で重要な空室期間を短くする工夫

簡単にできることから、大掛かりな改装のコツまですべて教えます!

人気物件になるために考えること

物件の入居の手続きや斡旋を専門の賃貸業者に依頼している人は多いと思います。 しかし、業者はあなたの所有物件だけを管理しているわけではありませんので、入居状況をよくする努力はあくまで自分ですることが大事です。 対策の一つとして、まずは賃貸業者に対してできる工夫を考えていきましょう。

入居条件に対する対策

賃貸物件には所有者が決めた入居条件があります。 当然、条件を緩和する程入居状況はよくなりますが、それに伴い治安や環境の悪化や先住者の不満なども考えられ、逆効果になる場合もあります。 可能な限り、条件を緩和して他の物件との差別化をはかりながらも、クレームが出ないように管理することが大事です。

所有物件に対する対策

ここで紹介するのは、所有物件の建物にできる対策です。 建物自体にする対策ということで、大掛かりでお金のかかることばかりだと勘違いされることと思いますが、実はちょっとした工夫で簡単にできるものもあります。 ここでは、簡単なことから大掛かりにお金をかけて行う場合に注意するべきことまで幅広く紹介していきます。

賃貸業者に対する対策

失敗しないアパート経営を行うために大事なことは「空室期間を短くすること」です。では、空室期間の短い、つまり常に人気のある物件とはどのようなものでしょうか?

これから経営をお考えの方は、まず物件の立地を熟考することが成功に繋がります。
人気の立地とは、以下に当てはまるものを言います。
・駅から徒歩10分以内である。
・主要都市にある、または主要都市までの交通の便が良い場所である。
・単身者や学生など賃貸物件を利用する世帯が多いエリアを狙う。

すでに物件をお持ちの方は、あまりにこの条件からかけ離れすぎて経営がうまくいっていない場合、物件を手放すことも選択肢の一つです。
しかし、物件を手放す前にできることもあります。
特に今まで何も考えずに業者にまかせっぱなしだった場合は、このサイトを参考に工夫をすることで、空室期間を劇的に短くし経営状況を良くする事も可能です。
また、これからの経営をお考えの方にとっても本サイトの内容についてあらかじめ知っておけば、今後の経営に役に立つことは間違いありません。

最後に、これから紹介する対策を行う際に肝心なことは、部屋の空室があるときのみに行うのではないということです。
例えば、新しく空室になった部屋にのみ新しい条件や改善を行った場合、すでに入居している人との差別化となり、不満の種=退去の原因となることもあります。
常に状況や周囲の状況を把握して次の空室時に備えること、例えば入居者がいる部屋でもできることは改善していくことで、空室期間の短い状況を継続していくことが可能なのです。

おすすめリンク